Noritsugu Oda

NORITSUGU ODA

織田憲嗣プロフィール

椅子研究家・東海大学名誉教授・東川町文化芸術コーディネーター。1946年高知県生まれ。大阪芸術大学卒業後、高島屋宣伝部にイラストレーター、グラフィックデザイナーとして勤務。その後独立しデザイン事務所を設立。1994年から北海道東海大学芸術工学部(当時)教授となり、特任教授を経て2015年まで務めたのち現職に。現在北海道東神楽町の森の中の自邸で暮らす。

受賞歴など

1997

デンマーク家具賞

長年にわたり、デンマークの家具の価値を世界に知らしめた功績により、永井敬二氏と共に受賞しました。自国以外の受賞者は初めて。

2012

デンマーク フィン・ユール協会名誉理事

日本人として初めて、同協会名誉理事の称号を授与されました。

2013

「ODA CHAIR」発売

織田氏の著書「デンマークの椅子」がきっかけで、ナンナ・ディッツェルデザイン(1953年)のイージーチェアが復刻。「ODA CHAIR」と名付けられました。

2015

第1回ハンス・J・ウェグナー賞

デンマーク家具デザインの巨匠ハンス・J・ウェグナーの生誕100年を記念して、氏の生誕地であるトナー市と同市立美術館が2015年に創設した賞。織田氏は「ウェグナーに関する研究成果を世界に対して発表し続け、ウェグナーの今日的な評価の向上に大きく寄与した」ことにより、審査員全員一致で選ばれました。

主な著書

1989

「日本の家」(福音館書店)

2002

「ハンス・ウェグナーの椅子100」(平凡社)

2002

「デンマークの椅子」(グリーンアロー出版社ほか)

2003~

「美しい椅子1〜5」(共著・枻出版)

2006

「スワル・パワーをカタチにした!200脚の椅子」(グリーンアロー出版社)

2007

「イラストレーテッド名作椅子大全」(新潮社)

2012

「フィン・ユールの世界」(平凡社)

2012

「Finn Juhl」(韓国)

2014

「HANS J. WEGNER」(台湾)

NORITSUGU ODA’S RESIDENCE

織田憲嗣邸

旭川空港そばに建つ織田氏の自邸では、名作椅子や日用品が実際の生活の中で使われています。将来、空間の質を体験できる「ライフデザインミュージアム」として活用するのが織田氏の夢。