カテゴリー

Exhibition

  • デザインの原型〜プリミティブからデザインへ〜

    中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館ステーションギャラリーでは、「デザインの原型〜プリミティブからデザインへ〜」が開催中です。織田コレクションから、デザインの原点ともいえるプリミティブ(原始的)なものを中心に、近代においてもその影響を受けているであろう世界のデザイン製品の展示を行っております。ぜひ、ご覧ください。

    ・・・

    デザインの原型〜プリミティブからデザインへ〜

    会期:2022年9月6日(火)〜10月16日(日)
    時間:10:30〜18:30(入館は18:15まで)
    休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
    会場:中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館ステーションギャラリー[MAP
    北海道旭川市宮下通8丁目3番1号/JR旭川駅東口(JR旭川駅コンコース)

    主催:旭川市教育委員会
    主管:旭川家具工業共同組合
    協力:織田憲嗣、織田コレクション協力会、東川町

    ●入場無料

    詳しくは、フライヤーをご覧ください。
    フライヤーダウンロード[PDF]

  • ポスターになった椅子展

    東川町複合交流施設せんとぴゅあⅠでは、織田コレクションの中から世界中のポスターと、そのポスターに掲載されている椅子やプロダクトの実物を展示する企画「ポスターになった椅子展」を開催しております。この機会にグラフィックデザインと世界の名品を是非お楽しみください。さらに、8月10日(水)からはせんとぴゅあⅡでの展示も加わります。スケールアップする展示にもどうぞご期待ください。

    ・・・

    ポスターになった椅子展

    ●せんとぴゅあⅠ・ギャラリーⅠ
    会期:2022年7月9日(土)〜2022年10月2日(日)
    時間:10:00〜17:00
    休館日:毎週月曜日(※祝日は開館・翌日閉館)

    ●せんとぴゅあⅡ・家具デザインアーカイブスコーナー
    会期:2022年8月10日(水)〜2022年10月2日(日)
    時間:9:00〜21:00
    休館日:年末年始(12月31日〜1月5日)

    会場:東川町複合交流施設 せんとぴゅあⅠ/せんとぴゅあⅡ [MAP
    北海道上川郡東川町北町1丁目

    主催:写真文化首都 北海道「写真の町」東川町
    協力:織田憲嗣、織田コレクション協力会、旭川家具工業協同組合

    ●入場無料

  • Masterpiece from Oda Collection Vol.8 “Shaker Chair”

    趣旨

    旭川家具の主要産地の一つである東川町が中心となり、2021年、建築家の隈研吾氏と共に4月14日を「良い椅子の日」として制定いたしました。本展示は、その取り組みに連動し、「織田コレクション」の中から世界の名作椅子をテーマ毎にキュレーション、展示するものです。

    概要

    2022年7月14日〜10月13日は、モダンチェアの4大ルーツの一つとされる「ウィンザーチェア」の系譜をご紹介します。丈夫で機能性重視、分業による効率生産など、様々な面で近代椅子のルーツとなった椅子の魅力をご覧ください。

    ・・・

    Masterpiece from Oda Collection Vol.8 “Windsor Chair”

    会期:2022年7月14日(木) – 10月13日(木) 10:00〜17:00
    休館日:火曜日(祝日除く)、お盆
    会場:旭川デザインセンター [ACCESS
    北海道旭川市永山2条10丁目1-35

    主催:写真文化首都 北海道「写真の町」東川町
    協力:旭川家具工業協同組合・織田コレクション協力会

    詳細は[旭川デザインセンターウェブサイト]にてご確認ください。

  • 織田コレクションから~北欧・イタリア・アメリカのミッドセンチュリー展

    東川町複合交流施設せんとぴゅあにて好評開催中の「イタリアンミッドセンチュリー」展に、スカンジナビアンブームを巻き起こした「北欧」、そしてその中心となった「アメリカ」が新たに加わりました。総数100点におよぶデザインの黄金期・ミッドセンチュリーの作品を通して、それぞれの国のデザインの魅力をご覧いただけます。織田コレクションの中でも、至極の作品が一堂に会するまたとない機会です。ぜひ、ご覧ください。

    ・・・

    織田コレクションから~北欧・イタリア・アメリカのミッドセンチュリー展

    会期:開催中〜2022年7月3日(日)
    時間:10:00〜17:00
    休館日:毎週月曜日(※祝日は開館)
    会場:東川町複合交流施設 せんとぴゅあⅠ・ギャラリー / せんとぴゅあⅡ・家具デザインアーカイブス[MAP
    北海道上川郡東川町北町1丁目

    ●入場無料

  • 企画展「フィン・ユールとデンマークの椅子」

    2022年7月23日(土)より、東京都美術館にて、企画展「フィン・ユールとデンマークの椅子」が開催されます。本展は、織田コレクションを東京でまとめてご紹介する初めての機会となります。試作として作られた貴重な一脚から名作椅子まで、バラエティに富む数々の椅子をお楽しみください。

    ・・・

    デザイン大国として知られるデンマークでは、1940年代から60年代にかけて、歴史に残る優れた家具が生み出されました。デンマークのデザイナーのなかでも、フィン・ユール(1912-1989)は、ひときわ美しい家具をデザインしたことで知られます。優雅な曲線を特徴とするその椅子は、「彫刻のような椅子」とも評されます。本展は、デンマークの家具デザインの歴史と変遷をたどり、その豊かな作例が誕生した背景を探るとともに、モダンでありながら身体に心地よくなじむフィン・ユールのデザインの魅力に迫る試みです。椅子のデザインにはじまり、理想の空間を具現した自邸の設計や、住居や店舗、オフィスのインテリアデザイン、そしてアイデアを伝えるために描いたみずみずしい水彩画まで、フィン・ユールの幅広い仕事を紹介します。椅子という、あらゆる日常を支える身近な家具にあらためて光を当てる本展が、新しい生活を模索する私たちが快適に生きるためのヒントを見つける機会となれば幸いです。(出典:東京都美術館ウェブサイトより

    ・・・

    企画展「フィン・ユールとデンマークの椅子」

    会期:2022年7月23日(土)~10月9日(日)
    開室時間:9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
    夜間開室:金曜日は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
    休室日:月曜日、9月20日(火) ※ただし、8月22日(月)、29日(月)、9月12日(月)、19日(月・祝)、26日(月)は開室
    会場:東京都美術館 ギャラリーA・B・C[MAP
    東京都台東区上野公園8-36
    観覧料:一般 1,100円 / 大学生・専門学校生 700円 / 65歳以上 800円

    主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館
    後援:デンマーク王国大使館
    特別協力:織田憲嗣、北海道東川町、織田コレクション協力会、旭川家具工業協同組合、デンマーク・デザイン・ミュージアム、ヴィルヘルム・ハンセン財団
    協力:Onecollection A/S / House of Finn Juhl、デニッシュインテリアス株式会社、カール・ハンセン&サンジャパン株式会社、フリッツ・ハンセン、スカンジナビアンリビング、ルイスポールセンジャパン、レ・クリント
    学術協力:織田憲嗣(東海大学名誉教授)、多田羅景太(京都工芸繊維大学助教)
    助成:公益財団法人 花王芸術・科学財団、公益財団法人朝日新聞文化財団

    お問い合わせ先:東京都美術館 事業係 TEL:03-3823-6921(代表)

    ●詳細は東京都美術館ウェブサイトにてご確認ください
    www.tobikan.jp/exhibition/2022_finnjuhl.html

  • Masterpiece from Oda Collection Vol.7 “Shaker Chair”

    趣旨

    旭川家具の主要産地の一つである東川町が中心となり、2021年、建築家の隈研吾氏と共に4月14日を「良い椅子の日」として制定いたしました。本展示は、その取り組みに連動し、「織田コレクション」の中から世界の名作椅子をテーマ毎にキュレーション、展示するものです。

    概要

    2022年4月14日〜7月13日(※会期中一時的に中断する期間がございます)は、モダンチェアの4大ルーツの一つとされる「シェーカーチェア」の系譜をご紹介します。「美は有用性に宿る」という価値観によって生まれた簡素で機能的な椅子の魅力をご覧ください。

    ・・・

    Masterpiece from Oda Collection Vol.7 “Shaker Chair”

    会期:2022年4月14日(木) – 7月13日(水) 10:00〜17:00
    休館日:火曜日(祝日除く)
    会場:旭川デザインセンター [ACCESS
    北海道旭川市永山2条10丁目1-35

    主催:写真文化首都 北海道「写真の町」東川町
    協力:旭川家具工業協同組合・織田コレクション協力会

    詳細は[旭川デザインセンターウェブサイト]にてご確認ください。

  • Masterpiece from Oda Collection Vol.6 “Primitive Chair”

    趣旨

    東川町が中心となり、2021年、建築家の隈研吾氏と共に4月14日を「良い椅子の日」として制定いたしました。本展示は、その取り組みに連動し、毎月14日*を入れ替え日として「織田コレクション」の中から世界の名作椅子をテーマ毎にキュレーション、展示するものです。(*定休日等の関係で日程が異なる場合がございます。)

    概要

    2022年3月23日〜4月13日は、「プリミティブチェア」に着目し、中央アジアに位置するアフガニスタンの「族長、家長のための椅子」、北欧・スウェーデンの「農民家具」、アフリカ・コートジボワールの「ノックダウンチェア」という3地域のプリミティブチェアとアフリカ各地のスツールを展示いたします。アフリカなどの原始美術がもつ単純明快で、強烈な本能的表現は、印象派以降のフォービズム、キュビスム、表現主義などの20世紀の芸術運動に大きな影響を与えてきました。モダニズムの機能性、合理性とは対極の手仕事による素朴で力強い造形美は、現代を生きる私達を惹きつける根源的な魅力を今なお宿しているといえるでしょう。

    ・・・

    Masterpiece from Oda Collection Vol.6 “Primitive Chair”

    会期:2022年3月23日(水) – 4月13日(水) 10:00〜17:00
    休館日:火曜日
    会場:旭川デザインセンター [ACCESS
    北海道旭川市永山2条10丁目1-35

    主催:写真文化首都 北海道「写真の町」東川町
    協力:旭川家具工業協同組合・織田コレクション協力会

    詳細は[旭川デザインセンターウェブサイト]にてご確認ください。

  • Masterpiece from Oda Collection Vol.5 “Gerrit Thomas Rietveld”

    趣旨

    東川町が中心となり、2021年、建築家の隈研吾氏と共に4月14日を「良い椅子の日」として制定いたしました。本展示は、その取り組みに連動し、毎月14日*を入れ替え日として「織田コレクション」の中から世界の名作椅子をテーマ毎にキュレーション、展示するものです。(*定休日等の関係で日程が異なる場合がございます。)

    概要

    2022年2月14日〜3月13日は、『デ・スティル』の中心的作家ヘリット・トーマス・リートフェルトの作品を展示しています。『デ・スティル』は20世紀初頭にオランダで起こった芸術運動で、「芸術を急進的に革新すること」を目標とし、垂直、水平を強調した幾何学的な空間構成を建築や家具の分野に応用しました。彼らの抽象表現の追求は、『バウハウス』へ大きな影響を与えるなど、ジャンルや国境を越えた活動となっています。建築やデザインに変革をもたらしたエポックメイキングな椅子をご紹介します。

    ・・・

    Masterpiece from Oda Collection Vol.5 “Gerrit Thomas Rietveld”

    会期:2022年2月14日(月) – 3月13日(日) 10:00〜17:00
    休館日:火曜日
    会場:旭川デザインセンター [ACCESS
    北海道旭川市永山2条10丁目1-35

    主催:写真文化首都 北海道「写真の町」東川町
    協力:旭川家具工業協同組合・織田コレクション協力会

    詳細は[旭川デザインセンターウェブサイト]にてご確認ください。

  • マスターピースオブチェアーズ展ー織田コレクションからー

    中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館ステーションギャラリーにて開催中の「マスターピースオブチェアーズ展ー織田コレクションからー」の会期が残り1ヶ月となりました。織田コレクションの中から、製造数が少なく世界に数脚しか存在しないものや、製品化される前に作られたプロトタイプ(試作品)など、特に希少性が高くマスターピース(名作、傑作)の名にふさわしい椅子の展示を行っております。ぜひ、この機会にご覧ください。

    ・・・

    マスターピースオブチェアーズ展ー織田コレクションからー

    会期:2021年11月20日(土)〜2022年2月20日(日)
    時間:10:30〜18:30(入館は18:15まで)
    休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
    会場:中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館ステーションギャラリー[MAP
    北海道旭川市宮下通8丁目3番1号/JR旭川駅東口

    主催:旭川市教育委員会
    主管:旭川家具工業共同組合
    協力:織田憲嗣、織田コレクション協力会、東川町

    ●入場無料

    詳しくは、フライヤーをご覧ください。
    フライヤーダウンロード[PDF]

  • Masterpiece from Oda Collection Vol.4 “1960s New Form”

    趣旨

    東川町が中心となり、2021年、建築家の隈研吾氏と共に4月14日を「良い椅子の日」として制定いたしました。本展示は、その取り組みに連動し、毎月14日*を入れ替え日として「織田コレクション」の中から世界の名作椅子をテーマ毎にキュレーション、展示するものです。(*定休日等の関係で日程が異なる場合がございます。)

    概要

    2022年1月14日〜2月13日の展示は、石油系の素材が実用化されはじめた1960年代に、それまでには無かった形態で人気となった椅子をピックアップしました。ベトナム反戦運動など、世界中の若者たちが時代の変革を求めて熱気が渦巻いていた1960年代後半から70年代。そのような時代の空気の中で生まれた既成概念にとらわれない自由な発想の椅子をご紹介します。

    ・・・

    Masterpiece from Oda Collection Vol.4 “1960s New Form”

    会期:2022年1月14日(金) – 2022年2月13日(日) 10:00〜17:00
    休館日:火曜日
    会場:旭川デザインセンター [ACCESS
    北海道旭川市永山2条10丁目1-35

    主催:写真文化首都 北海道「写真の町」東川町
    協力:旭川家具工業協同組合・織田コレクション協力会

    詳細は[旭川デザインセンターウェブサイト]にてご確認ください。